葬儀費用を抑えるコツや葬儀のアレコレ~葬式マイスター~

香典

お葬式にかかる費用

費用を節約するコツ

合掌

葬儀費用は葬儀社にまかせっきりにするよりも、自分なりに工夫していらないサービスを削除することで大幅にコストカットできます。葬儀社では基本プランをパッケージ化して提供していますが、それをそのまま利用するよりも、祭壇や棺のランクを落とすことで10万円ほど節約できます。通夜ぶるまいで出す料理も出来る限り節約すれば10万円以上浮きます。また、香典返しや返礼品なども自分で手配したほうが葬儀社の有料オプションを利用するよりも安く済む場合があります。葬儀を行う斎場は、民間の斎場よりも公営の斎場を利用したほうが安くなり、20万円以上の節約になります。公営の斎場は火葬場を併設してあるので、火葬場の利用料も安くなります。

費用の仕組みを知ろう

葬儀費用の節約を考える前に知っておくべきなのが葬儀費用の仕組みについてです。葬儀費用は基本費用のほか、変動費用と宗教関係者に支払う謝礼の三つに分けられます。基本費用は葬儀社に支払う、寝台車、棺、祭壇、人件費などの実費です。これは家族葬なら45万円ほど、一般葬なら100万円ほどが相場です。変動費用は参列する人数によって左右される費用です。通夜や告別式のときに必要な接待料理の費用や香典返しや会葬返礼品などが挙げられます。お経をあげてくれた僧侶などの宗教関係者には、心づけ、いわゆるお布施を支払うのが常識です。お布施の相場は20万円前後です。また、戒名料はランクに応じて2万円〜10万円程かかります。